池袋風俗の歴史

池袋風俗の全盛期にはその店舗数はかなりの数でした。
バブル時代の池袋は東口を中心としたピンク街がその名をはせていました。
しかしながらバブル崩壊後は店舗型の風俗店がどんどん閉鎖していき、一時期の盛り上がりはなく廃れた状況になりました。
それ以降は風俗の営業スタイルに変化が現れます。
たとえばコスプレや性感マッサージなど、風俗のジャンルが幅広くなります。
男性の様々な性癖に応じたお店が増えたと言った方がわかりやすいかもしれませんね。
昔はまず見られなかった熟女専門店やぽっちゃり系、ブス専などのマニアックなお店もどんどん普及しだします。
アニメオタク向けのサービスをしている風俗店が増えたのも池袋の特色でしょう。
そして現在主流となっているデリヘルやホテヘルといった無店舗型風俗の普及は、やはり北口のホテル街という立地の良さを活かしたものとなっています。
そしてそのサービス内容もあらゆるサービスを組み込んでいるものもあり、お店や女の子によってはオプション内容が充実させて、風俗店の競争が激戦し、様々な楽しみ方のできる希少なエリア池袋となっているのです。